Galaxy on Fire 2

昨日発売されたばかりのGalaxy on Fire 2を買ってみた

物語は、元軍人で賞金稼ぎの主人公が海賊を倒して帰ろうとしたら
ハイパードライブが故障して、時空を飛び越えて未来の銀河の反対側へ飛ばされたので
帰り方を探しながら地元民に協力するといった感じで始まる。

1つの星系が3~5個の惑星から成り立ち、惑星1個に1つのステーションと小惑星帯がある。
惑星間の移動はスキャナを装備して背景の惑星をロックオンしてオートパイロットを起動させるだけ
星系の移動は設置されたジャンプゲートを使って行う。


ステーションでは、格納庫で製品の売買と船の装備の換装ができ、
設計図を持っていれば一部装備の製造もできる。
船は新しく買うと乗り換えて古いのは自動で売られる
船によって、メインウェポン、サブウェポン、モジュールスロットの数が違う、
レーザーを重視したり、ミサイル重視にしたり、シールドを大量に積んで防御重視にする事も可能。


宇宙ラウンジでは、ミッションを受けることができるし、
稀に激安で武器を売ってくれたりする人や、護衛を雇ったりする事もできる。
地図からは、行きたい星や隣の星系を選ぶ事でオートパイロットで向かってくれる。
ただ、このゲームのオートパイロットは、
大型艦は避けてくれるけど、小惑星は当たって砕けと言わんばかりに正面から突っ込んでいく…


戦闘は、X3に比べると船の機動性が悪いのでかなり楽だし、多くても1つのマップに10隻前後しか居ない。
武器は船体に直接ダメージを与えるものとEMP系の行動不能にするものがある。
残念ながら、コクピット視点は無し。
敵を撃墜後の貨物の回収には、トラクタービームとスキャナが必要。
一部の船にはタレットも搭載可能で、
X3みたいにメインウェポンと同じレーザーを搭載するのではなく、タレットとして別売りされてる。
テラ人とヴォイド星人、ニヴェリア星人とミドー星人が互いに対立してるので、
片方に肩入れしすぎると、もう片方が完全に敵対する。


手軽にやれて、良い感じだが
マップ自体は狭いのに初期の船(一応小型の偵察船扱い)が速くないので、移動が遅く感じる
せっかく、早送り機能があるのに、オートパイロット限定+近くに障害物があると無効、
しかも小惑星が結構多いので、大抵無効化される。
モジュールスロット自体も3つしかなく、スキャナ+シールドと採掘ドリルorトラクタービームで固定されて
追加ブースターが装備できないかったり、
船を買い換えたくても、金額が高い+安い船が何処で売っているか分からない
一度行った事のある場所で何が売ってるか記録してくれる、X3の百科事典はかなり便利だと実感


金策は、戦闘or採掘ぐらい
一応、ステーション毎に製品の価格が多少違うがドッキングしないと分からないので貿易するには微妙。
戦闘は武器とかをドロップしてくれるとかなり儲かるが、海賊相手だと基本は200~300程度で売れるのが2.3個ドロップするだけ
ちゃんとした武装があれば輸送艦が狙い目。
ちなみにロックオン完了時に小さくドロップする貨物と量が表示されたりする。
採掘は、高い奴だと140程で売れて、一度の採掘で20~30個ほど手に入る
船の貨物容量次第だけど。


Ion Assaultみたいに意味不明な翻訳じゃなくて、しっかりと訳されてるのが不思議。
海賊なんて全員関西弁だし。

まぁ、何だかんだで画像も綺麗だし、不満な所はゲームを進めていけば解消されるし、
手軽に宇宙を旅したい方におすすめ~
http://store.steampowered.com/app/212010/

カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中