雑記10


何だかんだで無事にPCの換装は無事終了。
HD4850挿しっぱなしだとWindowsのインストールが途中で止まったのは予想外だった。
AMDのマザボだと、そんな事起きなかったんだけどなぁ。
あと、Intelのリテールクーラーは音がデカイにもほどがあるわ
AMDのリテールは、そんなに煩くなかったのに
2コアと4コアの差かな?

あまりにも音が煩かったのでクラーマスターのHyper TX3を導入
音はケースファンよりも静かになったし、結構冷える。
この間まで、気温が高かったのもあるけどリテールでアイドル時40℃台前半
X3:AP起動で最高60℃後半ほどあったのが、
アイドル時20℃後半から30℃前半で、X3:AP起動中でも40℃前半程度

ベンチのスコアはこんな感じに~

設定は前回と一緒で
Screen Resolution:    1280 x 1024 * [32], fullscreen
Framerates
——————————————————————————–
Scene “Trade”     73.7 average fps     26.0 minimum fps     150.0 maximum fps
Scene “Fight”     129.3 average fps     54.0 minimum fps     222.0 maximum fps
Scene “Build”     160.4 average fps     114.0 minimum fps     214.0 maximum fps
Scene “Think”     83.4 average fps     49.0 minimum fps     138.0 maximum fps

Overall average framerate: 111.7 fps

コアが倍になった程度なので、スコアもほぼ倍に
FPSもTCのセーブ読み込んだ所25fps程度だったのが45~50fps程度に上昇
TC開始時だと80fps超え、APは上限の60~
fpsが20以上でればセミオートでも十分弾当たるし、圧倒的に快適!
MOD入れる場合は、最低でも4コア必要ってことですね~

快適になったのでAPを始めからやり直すついでにIMMERSIVE ENVIRONMENTSを入れてみた


Heretic’s Endがこんな感じになったりして、宇宙が綺麗で新鮮味があって良い!
入れ方は
http://forum.egosoft.com/viewtopic.php?t=267427
でVer1.1をDL
http://forum.egosoft.com/viewtopic.php?t=312645
でVer1.2をDL
TCなら14.cat 15.catとに、APなら04.cat 05.catに変更して対象フォルダへ
描写距離は中がベスト
バニラならこれでok
XRMと共存させるならXRM本体とアドオンのファイル名をIMMERSIVE ENVIRONMENTSに続いた番号へ
次にここからhttp://forum.egosoft.com/viewtopic.php?t=316779
XRM+IEX Patch 1.6をDLしてXRMよりも後の番号にしてフォルダへ
そのあとに、本編やXRMの日本語化ファイルを入れればOK~
XRM V1.23は、ポーランド語とかの追加程度なので日本語化ファイルはそのまま利用可能なはず

X3の壁紙を見つけたので紹介
http://akenbosch.deviantart.com/

Ex Machinaがカッコイイ。
少しズームアウトしただけで、ただの筒になるくせに。

カテゴリー: 雑記, X3: Terran Conflict パーマリンク

雑記10 への3件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    TCでIMMERSIVE ENVIRONMENTSを導入する場合、
    描画距離の設定を中にするにはどのようにすればいいんでしょうか?

  2. 匿名 より:

    ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中