Singularity

この間SteamでセールだったのでSingularity購入してみた
ソ連兵相手に撃ちまくるゲームかと思ってたら
意外にもホラー風FPSだった・・・


ストーリーとしては知らず知らずの内にタイムスリップして一人の男を助けたら
歴史が変わってしまったので命懸けで歴史を修正すると言った感じかな?
日本語化なくても字幕読めば何とかなるだろうと思ったら字幕がなかった!


ゲームシステムはBioShockに非常に良く似てる
E99と言うアイテムが通貨になっていて、AUGMENTORって装置で主人公の能力を強化できるし
WEPON TECと言うアイテムを見つければWEPON LOCKERで武器の強化もできる
ちなみにLOCKERでは自分の好きな武器を引き出せるしE99を消費する事で弾薬を補充する事もできる


戦闘は銃と主人公が左手に装着しているTDMと呼ばれる時間を操る装置
TDMの機能は対象の時間を進めたり戻したり、一部の空間の時間を遅くするDEADLOCKや
物体を引き寄せて投げつけたり、衝撃波を発生させたり
と言った感じで基本的にTDMの動作にはエネルギーが必要でエネルギー自体は道端に落ちてるだけ


銃器類はオードソックスな物ばっかりで変わった物といえば
Spikeshot 爆発するスパイクを発射する、発射までタイムラグがある
Seeker   発射した銃弾を操れる
この2種類ぐらい
まぁDEADLOCKが強すぎるので銃なんて何持って行ってもOK


謎解きはTDMで箱の時間を先送りして壊れたのを少しだけ開いてるシャッターの隙間に押し込んで
箱の時間を戻してこじ開けて先へ~とかその程度

敵はソ連兵とミュータントが出てくるけど
ミュータントの種類が少ないのと出番が序盤ぐらいで
中盤以降の敵はほとんどソ連兵なのが悲しい
それにセーブがオートセーブだけだし、チャプターの最初からやり直しとか出来ない
システムはBioShockに似てるのに探索は無く一本道で来た道すら基本的に戻れない仕様
そこら辺が残念
マルチエンディングらしいが正直2週目とかやる気にはなれない・・・
1週目は面白く感じるんだけどね~

カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中