King Arthur – The Role-playing Wargame

Neocore Games開発のRTS+RPGのKing Arthurのご紹介~

このゲームはタイトルの通りアーサー王伝説をモデルとしたシミュレーションゲームです
モードはアーサー王としてブリタニアを征服するキャンペーンモード
好きな場所、好きな勢力、好きなユニットで軍を編成して戦闘できるシナリオ
あとマルチプレイの三つを搭載しています


最初はキャンペーンモードの解説~

最初はブリタニアの端っこから始まり、サー・ケイの軍隊を操り、アーサーを王と認めない反乱軍を討伐するチュートリアルをこなして行くと
イベントが起こりアイドレス王に味方するか、マーク王に味方するかの選択を突きつけられます
アイドレス王に味方すると金とアイテム、それに悪辣な専制君主としてのポイントが増加し
マーク王に味方するとマーク王とその部下が支配下に加わり、正義のポイントが増加します
このポイントは正義と専制君主、古代の信仰とカトリックが相反する評価になっていて一定のポイントが溜まる事によって使用できる魔法や雇用ユニットに差ができます
中途半端に行動するといつまで経っても弱いユニットしか雇用できないですので注意が必要です

アーサーは初期状態では民に王として認められてない為に税収不可+雇用不可+兵力の補充不可という素晴らしい状況に置かれています
以上の事を実行可能にするにはエクスカリバー関連のクエストを終了させなければなりませんがエクスカリバー関連の最終クエストが戦闘で
数は少ないものの巨人とか出てくるのでかなりの損害がでます。あとクエスト中に2回ぐらい騎士や兵士雇用イベントが起きるので2千ぐらい金を残しておくと良いですよ


王として認められたら今度は本拠地となる都市を手に入れます。ロンドンかバイロニウムを征服する必要が出てきます
本拠地を手に入れてから建設が出来るようになります
こんな感じで次々と提示されるクエストをこなしていき、物語を進めていきます
ちなみにアーサー王=プレイヤーなのでアーサー王は戦闘に出ません、戦闘で英雄が全員死ぬとゲームオーバーとなります。


続いて戦闘モード
ちなみに戦闘時の地形は自動生成ではなく既定のマップから読み込まれます
相手が防御体勢なら決定権は相手に、体勢が整ってなければ3つのマップの内から選択可能です


まず画面の説明を少し
画面上部の赤と青のバーは両軍の士気を表しています。バーが無くなると問答無用で負け確定
部隊が全滅すると最大値事減ります。戦闘マップに配置されている拠点を占拠することにより相手の士気を削る事も可能です。
ちなみに拠点は占拠すると士気バーの横にアイコンが追加される事があり、その拠点特有のアビリティが発動可能になります

兵士の種類は重騎兵、軽騎兵、重歩兵、軽歩兵、弓兵と言った感じに分かれてます
英雄ユニットはユニット枠を1つ使い他の部隊に組み込みます

TotalWarシリーズと違い、重要なのは何処で、どの種類部隊が戦い、どんな隊形を取っているかが重要になります
例えば森でなら軽歩兵は重歩兵を打ち破れますが平地では逆に重歩兵に蹴散らされてしまいます
隊形は密集隊形を取っていれば隊列の1列目などが攻撃ボーナスを得ますが、弓兵の的になりますが逆に散開隊形なら弓に対する防御力が上がります

英雄ユニットは習得しているアビリティをマナポイントがある限り自由に使えます
例えば初期の英雄ユニットであるサー・ケイはアヴァロンの霧と言うアビリティで弓兵の射程を短くする事が可能です

こんな感じでキャンペーンマップで軍隊進めて戦闘マップで敵を撃破して話を進めていくって感じなんですが
キャンペーンマップの軍隊には必ず英雄ユニットが居ないと移動が出来なかったり、現在の収入と支出の総合額を表示させてくれないので物凄い不便です
何よりクエストで数が少ないとはいえ、強いユニットと戦わされたり、基本敵さんの方が大兵力だったり、外交はイベントのみで金、食料、アイテムを積むだけ
なのでキャンペーンマップに戦略性なんて無いよ!
ードゲームみたいなもんだよ、だって援軍とか無くて一個の軍隊VS一個の軍隊限定だもの

戦闘モードはユニットのグラフィックは綺麗だし、矢が飛んでくれば盾を掲げて防御したりする部分は良いんだけど
どうしてもMedieval 2:Total Warと比べてしまう
グラフィックが綺麗なのに白兵戦のモーションが単調、武器で殴るだけって感じだし防御側も受け流すモーションとかも無い
BGMは盛り上がりに欠け、効果音はショボイ
それにユニット選択時に掛け声が無いから選択したかが分かりづらいし、選択されたユニットが強調されないからユニットアイコンから選択した場合は
その部隊が何処に居るのかを把握するのが難しく、ストレスが溜まる
あとは士気に関わる拠点のシステムが微妙かなぁ・・少し小競り合いが起きるって程度な気がする


あとはオプションで項目があるとはいえ、弓兵の性能が強すぎる・・Medieval2のロングボウ所の話じゃない強さ



序盤がやれる事少なくて面白みに欠けるのが残念、ただユニットのグラは派手でイイね!
ただ戦闘が大味なせいかTotal Warシリーズほど中毒性が無い
まぁシミュレーションRPGとして見れば良作かな?
ただフルプライスだと微妙、あと地味に拡張キットが出るらしい
拡張キットの内容は同時代のサクソン王を主人公にした物語だそうな

デモもあるし日本語化も地味にされてるから興味ある人はプレイしてみてはいかが?

4Gamer デモ
http://www.4gamer.net/games/103/G010310/20091221036/

日本語化wiki
http://www21.atwiki.jp/king_arthur/pages/959.html

日本語版公式HP
http://kingarthur.zoo.co.jp/

カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中