Sins of a Solar Empire

シンズ オブ ア  ソーラーエンパイア
地味に面白いソフトなのでご紹介を~

内容は銀河を舞台にTEC,アドヴァント,ヴァサリ帝国の3つの勢力から一つを選び
他勢力を打倒し銀河に広大な帝国を築く事が目的になります
ジャンルがRTSなのでテクノロジーの研究やマップの探索もリアルタイムでおこないます
まぁそこら辺は普通のRTSと同じなんですけど
AOE等でよくあるキャンペーン等ストーリーが一切無いです!
一応種族ごとの背景はあるんですけどね。あとは公式がMODを認めてくれてるのでオプションにMODの項目があります
テクノロジーの開発や惑星の攻略などが結構時間が掛かるので1プレイ時間がかな~り長くなります
基本的にクレジット、金属、クリスタルの三つの資源を使って船を建造したり惑星のインフラを整えたりして勢力の拡大を図っていきます
クレジットは占領した惑星からの税金と言った形で、金属とクリスタルは占領した惑星の重力圏内にある資源衛星に建物を建てて手に入れます
ちなみに税率は変えられないので基本的にクレジットの収入を上げたい場合は惑星を新たに手に入れるか惑星のインフラを整備して人口を増やすしかないです
 
 
 
で肝心の惑星ですが、地球型、灼熱型、極寒型、砂漠型、小惑星、死んだ小惑星、ガス惑星、恒星と種類があります
地球型、砂漠型、小惑星、死んだ小惑星はテクノロジーを開発しなくても植民地化できますが
灼熱型、極寒型は対応するテクノロジーを研究しないと植民地化できません
ただ灼熱型は金属の資源衛星を極寒型はクリスタルの資源衛星を多く持ってることが多いのでこれらの惑星を手に入れれば
資源に困る事は少なくなるでしょう
ちなみにガス惑星は地盤が無いので植民地化できませんし付近で戦うと余計なダメージも入りますが
金属資源衛星を多く持っていて尚且つ産出速度が速いと言った特典があります
ちなみに銀河が舞台なので地上戦はないです、まぁ制宙権取られた時点で地上部隊に勝ち目なんて無いんですけどね
 
 

 
 
星星の行き来に灰色の線で表示されるフェーズプレーンを通る事になるんですけどこの移動がまた長い!
またメディアセンターを惑星に立てるとフェーズプレーンを通って他の惑星に自国の文化が浸透していきます
浸透具合は通常灰色で表示されるフェーズプレーンが勢力カラーに切り替わります
さらに植民地化した惑星には忠誠値が表示されるようになって首都惑星から近ければ忠誠値は高く維持されますが辺境の惑星や敵の文化の影響を受け始めた
惑星は忠誠値が下がっていき最終的には反乱を起こします・・
その場合敵の文化が強すぎると弱まるまで植民地化できなくなります
 
ユニットはフリゲート艦、巡洋艦、主力艦と言った種類があって
フリゲート艦は惑星爆撃から対空戦闘など多岐にわたる種類の船があります
巡洋艦は空母に敵を妨害する支援艦と味方を支援する艦、それに重巡洋艦の4種類があります
重巡洋艦は直接戦闘では主力艦に次いで強力な戦闘艦になってます
主力艦は~どちらかと言うと艦隊旗艦と言った感じで上記の種類の船に比べて圧倒的に大きく火力も強力ですが
艦隊保有ポイントを50ポイントも使い尚且つ主力艦保有可能数に空きがないと製造できません
最初の一隻は無料で製造できますがそれ以降は主力艦保有可能数のアップグレードコスト+主力艦の製造費用が掛かってくるので
結構な額の資金が必要になってきますので主力艦を何隻も出せるようになるのは中盤以降になってしまいます
ちなみに艦隊保有ポイントは最大で2000、主力艦保有可能数は16になります
主力艦保有可能数はアップグレードしてもデメリットが無いですけど艦隊保有数の方はアップグレートすると維持費が掛かり経済を圧迫しますので
余裕が無いとクレジットの収入が0になったりしますので注意が必要です
 
 
このゲーム一応外交もあるんですけど
素敵な事にプレイ中に何度もCOMがアイツの軍事施設破壊しろ~だの金属くれ~だの言ってきます
無視するのもありなんですが依頼をクリアすると相手との友好度が上がり停戦協定や通商協定を結べるようになります
シンズのCOMの良い所は停戦や和平を結んでいる状態で敵に攻められたりすると
援護する!とか言って援軍を送ってくれます
まぁ稀にタイミング悪く依頼されてるミッションに失敗して友好度が下がって同盟解消された挙句に自分の星取られたりする事もありますけどね
 
ほかに闇社会と言うのがあってブラックマーケットは普通に資源の売買の場なんですが
海賊の方は重要で一定時間でもっとも懸賞金の多い勢力の所へ攻めてくるという嫌な奴らです
所期に攻められると結構痛いので自分の懸賞金が上がったら他の人に懸賞金掛けてけしかけちゃえ~和平を結んでる相手の懸賞金は上げられないのが残念
ちなみに滅ぼそうとしても海賊の本拠地にはアホみたいな数の海賊船が居るので中々落とせません
ちなみに種族の特徴は大体こんな感じです
 

TECはユニットの製造費用も使用する艦隊保有量も少ないし
初期から貿易港の技術を開発できるので序盤から大艦隊を編成しやすいです
その反面、劣勢になると盛り返すのが厳しい感じです
 
アドヴァントは上級者向けでユニットの性能自体はそれほど良くないですが
使えるアビリティが増える後半は強力な勢力になります
序盤を如何に乗り切るかが勝負の分かれ目
 
ヴァサリ帝国は上記勢力と比べるとユニットの製造費用が高めで使用する艦隊保有量も大目ですが
個々の性能は高く少数精鋭と言った感じになります
ヴァサリだけが建設できるフェーズスタビライザーを使えば移動が他勢力と比べると圧倒的に早いので
機動力と兵力の集中が勝利の鍵かも・・・
 
速効で逃げる敵さん達・・・
普段、音楽は大人しいのが掛かっているのですが戦闘になると曲が変わって雰囲気を盛り上げてくれます!
何気に戦闘時の曲がイイ!
ちなみに私はまだ1回も勝利してません!
と言うかデフォルトのスピードでやると1プレイが長すぎる・・・初プレイとは言え5時間もプレイして勝てないとか・・・
COMは自分が不利だと感じると速攻で逃げるし何気に逃げる敵に追いついて撃破するのが至難の業で
なかなか敵艦隊に大打撃を与えられないのが辛いところですね、敵の惑星まで追いかけると惑星防衛部隊まで出てきて此方が不利になるし
でも何故か妙な中毒性があってやめられない~
 
一応zooさんから日本語版が出てますけど英語版でも日本語化パッチがWikiに上がってるので問題はなさそうですよ
TECでのみ90分の時間制限つきですがDEMOもあるので気になった方はプレイしてみてくださいな~
Sins of a Solar Empire Wiki : http://wikiwiki.jp/sins/
日本語版公式サイト: http://solarempire.zoo.co.jp/
 
 
 
 
 

カテゴリー: ゲーム パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中