4号戦車B型 製作記3

下地処理としてホワイトサフを吹いてからシャドウ吹きとしてMr.カラーのジャーマングレイを塗装
DSCF0335DSCF0338
ん~予想外にもジャーマングレイの色が緑色・・・前使ったときはもっと黒かった気がしたんだけどなぁ~
まぁ気にせず、次にタミヤアクリルのジャーマングレイで塗装してデカールを張り~
うん!先に吹いたMr.は完全にタミヤが隠蔽して無意味に!発色すら変わらぬとは・・
そういえば何処かでタミヤのアクリルは隠ぺい力が強いって書いてあったけなぁ
DSCF0361DSCF0362
DSCF0363DSCF0367
塗装中に遊び心発動でムラに~まぁコレはコレで味があっていいよね?まぁどうせ写真じゃ分かりにくいんですけどね~
そして右側はマークソフターかセッター塗りすぎてメッサ艶が・・・orz
その後、半ツヤ消しで塗装とデカールの保護
DSCF0368DSCF0369
DSCF0372
キャタピラはタミヤのメタルグレイで塗装後、クレオスのウェザリングパステルで錆び表現を~
本当はピグメントとか欲しいんだけどね・・・高い+田舎じゃ売ってないよ
錆び表現にはラストオレンジ2にダークブラウン1の割合でタミヤのアクリル溶剤で溶いて適当に筆塗りで終了
溶剤はアクリルがオススメ、エナメルだとプラを侵食するし、ラッカーだと塗装が剥げるかも
土が食い込んでる様にもしたかったけどやり方が分からなかったので錆びらすだけで諦め
キャタピラ同様にマフラーも錆びらせ
DSCF0381
ラストオレンジのみを溶剤で溶いて筆ムラ気にせず塗り塗り~
乾いたら適当な平筆でダークブラウンを粉のまま付けて適当にマフラーに乗せたら
細筆にアクリル溶剤を染み込ませてダークブラウンに溶剤を染み込ませて固定させていきます
DSCF0385
でこんな感じに~結構イイ感じでしょ?
車体下部の部分に粉が落ちてしまって色ついてるけど気にしない~気にしない~
DSCF0394DSCF0395
次に車体下部側面に土が付いたようにするためにサンドを薄めに溶いて適当塗り!筆ムラムシムシ
そしたら溶剤が乾く前に粉のままのサンドを平筆で乗せていき、溶剤を染み込ませた筆で溶剤を乗っけていきます
DSCF0397
でこんな感じに~色をダークブラウンに変えれば泥にもなります
車体前面にも同様にやりますが側面より少なめに~
DSCF0386DSCF0388DSCF0391
普通順番が逆なんですが車体上面にウォシングを~
タミヤエナメルのフラットブラックを溶剤で10倍ぐらいに薄めて適当に塗ったら
綿棒でふき取ります、車体前方から後方へ上方から下方へふき取りつつ
わざと跡を残すと雨だれ表現にもなりますし
何より溝に入れば墨入れにもなって一石二鳥!
大体終わって完成させようとしたら1つ重大なミスが!
DSCF0398DSCF0399
左右で向きがパーツの前後間違えた・・・・キャタピラが取り付けにくいはずだわorz
接着が甘かったからカッターで何とか切り離して修正したけど完全にくっ付いてたら・・・
そんなこんなでキャタピラを巻き付けて車体を接着したら完成っと!
DSCF0401
砲塔上面に薄っすら積もった埃を表現しようとライトグレイ使ったら予想以上に白くてビックリ・・・
しかも塗装一部剥げてリペイントしたからその部分が浮いてるなぁ・・・orz
今回チッピングはせずにコレで完成っと
 
ん~マフラーの錆び表現は結構上手く出来たけど車体側面の土汚れはやりすぎかな?
今回作って思ったのはトライスターのキットはパーツ数多いけど結構作りやすくていい感じ~
ディテールも細かくて良いしね、細かすぎて塗装で潰れないか心配になるけど~
でもAFVじゃコレくらいが普通なのかな?
DSCF0404DSCF0407
DSCF0402DSCF0406
カテゴリー: 4号戦車 B型 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中